Scott Jordan “In the Wind, Between the Breeze”

scott_Jordan

In the Wind, Between the Breeze:
Scott Jordan Solo Koto Project

A few comments about this CD project:

It’s all acoustic 13-string and 17-string koto. It’s all improvisational.

In the Wind
The CD begins and ends in a whisper with wind koto recordings. Two more wind koto interludes separate the middle tracks. These recordings are of a single koto outside in the wind with no use of multi-tracking. The phenomenon is the same as an Aeolian Harp, or Wind Harp, and the sound is produced and manipulated entirely by the wind with no human assistance. As is obvious by the recording, I play the instrument in various ways in addition to the wind sound. So, in fact, these improvisations are duets; human and nature. Much like the Yin in Toaist philosophy, to achieve the best results I needed to let go of my own desires and intentions and go with the flow of the breeze since I obviously had no control over nature.

Between the Breeze
If wind koto represents my Yin moments, these improvisations are my Yang. Tracks 2,3,5, and 9 employ multi-tracking. I had often wondered what music I could create if I could pair up with myself. These tracks are my approximation of what it might sound like.

Tracks 6 and 8 return to the idea less is more; straight-forward solo koto.

One more method of sound production probably deserves some explanation. Tracks 6 and 9 feature a buzz-like sound. I refer to this as “sawari koto,” named after the same kind of sound produced by the low string on a shamisen in open position, “sawari.” Biwa, sitar, and tambura all use this concept. In the case of my koto, I use a self constructed attachment to produce the sawari sound on any or all strings of the koto.

This CD is all acoustic koto.

In the Wind, Between the Breeze:
スコットジョーダン、ソロ・箏プロジェクト

このCDプロジェクトについて:
収録されている楽曲は全てアコースティック13弦箏と17弦箏で演奏され、それのどれもが即興での演奏になります。

In the Wind
このCDは、ウィンド箏のささやきのような録音で始まり終わります。4曲目と7曲目にもウィンド箏の録音が、間奏のようなかたちで収録されています。録音は全て風の吹いている野外で行い、マルチトラックレコーダーは一切使用していません。この現象はエオリアンハープやウィンドハープの原理と同様で、音は全て自然の風により作られ操作されます。レコーディングを聞いていただければ分かりますが、風の音に加え様々な方法で私の箏の演奏も収録されています。今回の即興は、ある意味人と自然とのデュエットといえるでしょう。道教の思想にある陰陽のように、ベストな結果を出すためには、自己の欲求や意思を手放し、柔軟に風の流れに身をまかせることが必要でした。

Between the Breeze
ウィンド箏が、私の陰の状態を表現しているとするならば、この即興は陽になります。2、3、5、9曲目はマルチトラックを使用しています。私は以前、自分自身ともしペアを組むことができたら、一体どんな曲を作ることができるだろうとよく考えることがありました。今回のトラックは、もし自分が自分とペアを組んだら出来上がる音に近づいていると思います。

6曲目と8曲目は少ないほど豊かである(Less is more)という考えに立ち戻った、率直的なソロの演奏になります。

6曲目と9曲目に収録されているブーンというような音についても、説明する必要があります。この音を私は「さわり箏」と呼んでいます。名前の由来は、三味線の一弦にある「さわり」という構造により作られる音と同類のものです。琵琶、シタール、タンブーラにも同様の構造があります。箏の場合は、私自身が作った留め具を使用し「さわり」音を作りだしています。

これはアコースティック箏のCDです。

(翻訳:小松さなえ)

配信ストア・配信先

ituneskkboxrecochokuspotifyd_musichikari_tv_musicutapassrdiorecochoku_bestsonymu



コメントは停止中です。