Speech Live Vol.3

arhitecture_of_improvisation

OVERVIEW

ピナ・バウシュのブッパタール舞踏団で活躍したファビアン・ブリオヴィル演出・構成の舞台芸術作品「SOMA project」制作を機に結成。20世紀音楽の背景/文脈を考察し「作曲と即興の狭間」をコンセプトにしたユニットUZAWA/INOUE(宇澤とも子 Piano/井ノ上孝浩 E.Guitar)

鉛筆の黒鉛を利用した自作電子楽器や植物の電位変化などを用いたパフォーマンスを展開するサウンドアーティストの中川敏光と、人間を巡る関係性についての進行形の問題を探求し、オブジェやインスタレーション、短編映画、声と言葉を用いたパフォーマンスなどを発表し評価を受ける現代美術家の白井美穂。

ドリンク・ミキサーやヴァイオリンの弓などを用いて様々な音色を生み出しながらリリシズムに溢れた演奏を聴かせる箏の即興演奏家スコット・ジョーダンと、割り箸を用いた自作弦楽器でジャンルを越えたオリジナルの音楽を生み出す流浪の音楽家サミエル。

光や人間のアクションなどの不確定要素とコンピューターのアルゴリズムの邂逅が生み出す即興的電子音楽を奏でる山口紘と、シカゴでジャズと現代音楽を学び、日野皓正やペーター・ブロッツマンなどとの共演で知られる、タイトな音色による即興演奏が魅力的な田中徳崇。

そして、前衛ジャズや現代音楽からロックまで幅広く活動し、ラヴィ・シャンカール、パコ・デ・ルシアらと並んで英ワールドミュージック誌 Songlines の《世界の最も優れた演奏家50人》に選ばれた世界的に活躍するハイパー箏奏者、八木美知依。
様々な背景を持つアーティストたちによる、不断の構築、その様々な様相、即興のアーキテクチャ。

ARTISTS

TOPに戻る

INFORMATION

TOPに戻る

ACCESS

SARAVAH東京

  • 〒150-0046 東京都渋谷区松濤1丁目29-1 渋谷クロスロードビル B1
  • TEL/FAX 03-6427-8886
  • E-mail:contact@saravah.jp

TOPに戻る

FLYER

fryrFrontflyerback

TOPに戻る

PROFILE

M.Shirai

UZAWA/INOUE:ピアノ&エレキギター

UZAWA/INOUEは、ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団等で活躍したファビアン・プリオヴィル演出・構成の舞台芸術作品「SOMA project」に参加した音楽家によるユニット。2016年2月にNext Sunday 阿佐ヶ谷にて「UZAWA/INOUE First live」を行い本格的に活動を開始する。
http://uzawainoue.wixsite.com/uzawainoue

宇澤とも子:東京音楽大学大学院(作曲指揮専攻)に在籍。器楽作品、電子音楽作品の作曲をしている。また映像、舞台作品の音楽も手がけている。2014年にはアンスティチュ・フランセ東京にて、off-Nibroll「街にひそむ」の音楽を担当。2015 年には「SOMAプロジェクト」にて元ピナ・バウシュ舞踊団のメンバーと共演をし、東京・ドイツで公演を行った。現在はピアノ、キーボード等での演奏活動にも力を入れている。作曲での受賞歴はトロンボーンピース オブ ザ イヤー2013年作曲賞優勝、日本奏楽堂歌曲コンクール本選入賞がある。

井ノ上孝浩:ギタリスト、作曲家。即興、実験音楽を主とし、形式に縛られないジャンル無用の音楽性で、今までに幾多のバンドやユニットを結成。現在まで続く”Two Needles and SixWires”や”UZAWA/INOUE”等での活動の他、多方面の音楽家とのセッションも行う。また演劇やダンスとの共演も多く、’99 年頃から劇団アンゲルス(金沢市)にてW・シェークスピア、A・チェーホフ等の作品に関わり、幾度かヨーロッパやアジアの演劇祭に出演している。2015 年には「SOMAプロジェクト」にて元ピナ・バウシュ舞踊団のメンバーと共演。東京、ドイツで公演を行った。これまでソロやユニット名義において、3枚のアルバムを発表している。
DISCOGRAPHY – Two Needles and Six Wires/two needles and six wires(2008), Takahiro
Inoue/Outcast Symphony(2013), Takahiro Inoue and Tokyo Novus/Little Star’sPrince(2014)
http://facebook.com/tkhrINOUE

SamiElu

サミエルSamiElu:割り箸ピアノ

自作の割り箸弦楽器「幻ピアノ」を操る唯一無二のアーティスト。
自然と調和しながら不思議な音の世界へと導く仙人の音楽家。
楽器作りワークショップ、参加型オーケストラ指揮からファッションイベントまで多岐にわたり活躍している。
またストリートでも東京を中心に数多くのストリートライブもこなしている。

M.Shirai

白井美穂MioShirai:アーティスト

美術作家。1962年京都に生まれ,7歳時より東京在住。1986年東京藝術大学美術学部絵画科卒業,1988年同大学院美術研究科修士課程修了。1993 年から2006年までニューヨークに在住し,現在東京在住。その作品は国内外で幅広く発表されている。主な展覧会に1991年「インド・トリエンナーレ」 ラリット・カラ・アカデミー(ニューデリー),1992-1993年「Bolade, Dopitova, Rist, Shirai」シェドハーレ(チューリッヒ),プラハ市立美術館(プラハ),2000年「越後妻有アートトリエンナーレ」松代町(新潟),2008年 「アーティスト・ファイル2008」国立新美術館(東京),個展「ForeverAfternoon」ノーザーン・ギャラリー・フォー・コンテンポラリー アート(サンダーランド,イギリス),2013年「瀬戸内国際芸術祭」宇野港(岡山),「あいちトリエンナーレ」愛知県美術館(愛知),等。
http://www.mioshirai.com/mioshirai/words_jp.html

scott

スコット・ジョーダンScottJordan (Speech):箏奏者

箏の即興演奏家。米国UniversityofMontana大学卒業。作曲をパトリック・ウィリアムズ,デビッド・マスランカに師事。箏を沢井一恵に師事。作曲作品はBrixton Publications より出版されている。様々な音楽家やダンサーとともに,即興音楽を演奏している。「Zero Zero」という自由即興音楽トリオのメンバー。韓国とスペインで「雫」と言う舞踏グループと演奏した。2010年にTokyo MXのテレビ番組「ザ・ゴルデンアワー」の「Yokoso! 9ch」にインタビューとパフォーマンスで出演。「三つの窓」と言うシリーズを主催して,渡辺裕紀子,秋元美由紀,桑原ゆうへ作品を依頼した。
http://www.speechmusicartcritique.com/music/scott-jordan.html

noritaka_tanaka

田中徳崇Noritaka Tanaka:ジャズドラマー

1977年福岡生まれ。10代でロレッタセコハンなどでバンド活動を開始。97年に渡米し20代をシカゴで過ごす。ジャズと現代音楽を学び、ドラマーとしてJeff Parker やBobby Broom のトリオを始め数多くのバンドに参加。Tortoise を始めとしたシカゴ音響派世代との交流も深い。2007年に帰国後は高瀬アキ, ケイ赤城, 日野皓正のグループに加入する一方で Peter Brötzmann, 坂田明, 井野信義, 木村充揮, Axel Dörner, 八木美知依,Ken Vandermark, Bonnie ‘Prince’ Billy,the Cairo Gang,rabbitoo,JosephineFoster,Mikrokolektyw,Antonio Loureiro,Jakob Bro のプロジェクトなどに参加。また録音エンジニアとしても活動している。

toshimitsu_nakagawa

中川敏光ToshimitsuNakagawa(Speech):サウンドアーティスト

神奈川県生まれ。多摩美術大学在学中,音響作品の制作を始める。卒業後,PCを使った音楽制作や自作楽器を使ったライブなどを中心に活動。様々なアートイベ ントなどにライブパフォーマンスで参加。2012年,CHAP DANCE (横浜) 舞踏家の嶋田勇介が主催する舞踏公演で音楽を担当。2013年,作曲家の山口紘と共に,音楽と芸術と批評をテーマにしたレーベルSpeechを立ち上げる。
http://www.speechmusicartcritique.com/profile

michiyo_yagi

八木美知依MichiyoYagi:17弦箏、21弦箏、エレクトロニクス

作邦楽はもちろん前衛ジャズや現代音楽からロックまで幅広く活動するハイパー箏(こと)奏者。故・沢井忠夫、沢井一恵に師事。NHK 邦楽技能者育成会卒業後、ウェスリアン大学客員教授として渡米中、ジョン・ケージやジョン・ゾーンらに影響を受ける。世界中の優れた即興家と共演しながら、アコーディオン奏者coba、Porcupine Tree のスティーヴン・ウィルソン、更に浜崎あゆみ、アンジェラ・アキやTakuya(元Judy & Mary)のレコーディングやステージにも参加。08 年、ラヴィ・シャンカール、パコ・デ・ルシアらと並んで英ワールドミュージック誌 Songlines の《世界の最も優れた演奏家50 人》に選ばれている。

hy_artist

山口紘HiromuYamaguchi(Speech):音楽家

作曲を綿村松輝,湯浅譲二の各氏に師事。2010年トーキョーワンダーサイト主催“EXPERIMENTAL SOUND ART AND PERFORMANCE FESTIVAL”入選。2008-2011年公益財団法人ロームミュージックファンデーション奨学生。アルバム『Chairs of Glass』をSpeechレーベルよりデジタル配信中。
http://www.speechmusicartcritique.com/profile

TOPに戻る